芝桜「緑に浮かぶ花じゅうたん」

【大森地区】 [芝桜フェスタ 5月初旬〜6月上旬]

平成16年度から大森リゾート村(スキー場)の斜面を整備し、34アールに8万5000株を植樹し、ゲレンデには旧大森町の花「ヤマツツジ」と木「サクラ」を描き、その周りにはスキーのスラロームをイメージした曲線模様が鮮やかで、新たな観光スッポトとして注目されております。

JR横手駅からバスで40分、秋田自動車道横手ICから大森方面へ車で30分

平鹿地区と大雄地区が主催し、県内外から熱気球グループが集う。熱気球係留体験や見学ができます。
JR横手駅、秋田自動車道横手ICから車で25分
大森町の農家が栽培したブドウを使用し、昭和62年に「みちのく秋田大森ワイン」の名前で初出荷。以来新酒の発売を機に毎年大森ワインパーティーを開催。新酒は風味豊かで香りが良いため参加者からは大人気です。
明治18年、大森町有数の地主だった赤川家が米蔵として建設。当初、蔵はレンガ造りではな<、外壁は白い漆喰でしたが、明治39年に町中心部の大火で外壁が焼け落ちてしまったため、明治後期にレンガ積みに改装されました。蔵は土蔵造り2階建て、建築面積67.2u。外壁の最上部には、蛇腹状にレンガの飾りや、2階床の高さにはもみじのような45度方向のギザギザ飾りなど洋風デザインが取り入れられ、内部は、白漆喰塗りの壁で石敷き。北側には重厚な黒漆喰塗りの戸口があります。
一世紀を超える風雪に耐え、今なお凛とした佇まいを見せる赤レンガ蔵。県内の赤レンガ蔵造りの建築物として有名な旧秋田銀行本店(現在の赤レンガ郷土館)と同時期の建設物として歴史的な価値があり、平成17年に国の有形文化財(建造物)に登録されています。

JR横手駅から大森行きバスで30分、秋田自動車道横手ICから車で30分

推定樹齢千年以上といわれ、全県一の巨木と認定されている。高さ43m、根まわり12m。この大木の一部には乳房に似た突起があるため、授乳の神木として信仰されています。
県指定、天然記念物。
JRあいのの駅から車で20分、秋田自動車道横手ICから車で30分
300年以上の歴史をもつ民俗行事。厳島神社傍の弁財天沼に梵天を立て、五穀豊穣、家内安全、水の恵を祈ります。国の無形民俗文化財。
JR横手駅、秋田自動車道横手ICから車で20分
白藤清水自然公園は湧水池の自然そのままを生かした公園です。公園内には散策路や東屋があり森林浴に適しています。また、公園内の杢兵衛沼は湧水沼で清澄な流れにのみ生息するといわれているトゲウオやフナ、ドジョウ等が棲んでおり、町民の憩いの場として、また夏は身近な避暑地として親しまれています。
JR横手駅、秋田自動車道横手ICから車で25分
湖水は「みたけ湖」の愛称でしたしまれ、周辺には「シバザクラ」の遊歩道やオートキャンプ場があり、四季を通して自然を満喫できます。
秋田自動車道横手ICから車で30分
【大森地区】
[1個70円]

芝桜フェスタ(5月〜6月)の季節限定で製造しておりますが、要望に応じて季節外でも注文承ります。

木村屋支店 電話 0182-26-3102


2007.平鹿中央商工会 all rights reserved