いぶりがっこ

薫製のたくあん漬けです。囲炉裏で乾燥させた古くからの技術を基に現在の嗜好にあわせて改良してあります。現在は燻す木にも工夫をしています。本場山内の「いぶりがっこ」は一味違います。
[2月上旬]
五穀豊穣、家内安全を願って梵天やエビス俵奉納。勇敢、果敢に繰り広げられる男達の攻防は大迫力です。
12月中旬〜1月中旬]
一面銀世界になる冬、「浅舞の槻の木」が4,500個の電球でジャンボクリスマスツリーに変身。夜空に輝く光景はとてもロマンチックです。
秋田県初の村営農場として誕生(昭和53年)。地区農業のシンボルとして、転作作物や花弁、冬季作物の試験研究を行っています。
[1月第3日曜日]
永禄年間、越後の落人高田甚石ェ門によって建立された三助神社。その後、元和の初め頃に木造りの本殿が建てられ、京の伏見稲荷の分霊を移し、雄物川の船頭衆や農民の信仰を集め、梵天が奉納されます。
2月の第一日曜日]
南部シルバーエリアの周辺をミニかまくらが彩り、あたかも幻想の世界に迷い込んだ雰囲気を醸し出しています。子供たちが歓声を上げてはしゃぎ回る雪まつりの夜、雪国ならではの冬を満喫できます。
大雄銘菓「ホップの花」 【大雄地区】

「村の花」となった「ホップ」を広くPRするためにお菓子として誕生しました。

[JR相野々駅より約6km(バス利用可)]
三つの異なる源泉からの温泉は泉質も異なり、効能もいろいろ。飲用としてもご利用いただけます。また、温泉周辺で栽培している薬草を取りいれた薬膳料理は、美味しくいただきながら自然治癒力をとりもどす効果があると言われています。

浅舞酒造株式会社 【平鹿地区】(見学可・要予約)
酒:天の戸 美稲
所:横手市平鹿町浅舞字浅舞388 1:0182-24-1030

舞鶴酒造株式会社 【平鹿地区】
酒:純米吟醸 月下の舞
所:横手市平鹿町浅舞字浅舞184 1:0182-24-1128

備前酒造 【大森地区】
(見学可・要予約)
酒:本醸造 大納川・山内杜氏
所:横手市大森町字大森169
1:0182-26-2004
地酒

美酒王国「秋田」の中にあって横手市内には6つ、当地域には3つの蔵元があります。
横手は日本5大杜氏「山内杜氏の里」でもあります。


2007.平鹿中央商工会 all rights reserved