秋田県三種町の地鍋・1年中おいしい『森岳じゅんさい鍋』!食べたらあなたも秋田美人!

森岳じゅんさい鍋|じゅんさい入り比内地鶏つみれ

基本レシピ(家庭用)

■このページで紹介する基本レシピは、ご家庭で作る場合の内容です。

森岳じゅんさい鍋の基本食材

1 ぷるんとした生じゅんさい
2 じゅんさい入り比内地鶏つみれ
3 比内地鶏ガラスープ+醤油味
4 だまこもち
5 旬のキノコを2種類とネギ、しらたき、セリ、ニンジン
 

材料(5人前)

森岳じゅんさい 600g
比内地鶏ガラスープ 1800cc
じゅんさい入り比内地鶏つみれ 20個
ゴボウ 80g
舞茸 100g
エノキダケ 100g
しらたき(または糸こん) 150g
長ネギ 200g
ニンジン 30g
だまこもち 15個
セリ(または水菜) 1/2束
醤油 大さじ8
大さじ2
みりん 大さじ1強
砂糖 大さじ1・1/2
※キノコや葉物は季節によってかわります。

 

作り方

1 〈比内地鶏ガラスープをつくる〉
比内地鶏のガラを水からじっくり煮込み、沸騰させないようにしながら途中アクだけを取り除きダシスープをとる。
2 土鍋にダシスープを入れ強火にし、ささがきゴボウ、キノコ類、じゅんさい比内地鶏つみれの順に入れる
3 じゅんさい入り比内地鶏つみれが煮えたところで、醤油、酒、みりん、砂糖を入れ味付けをする。次にしらたきを入れる。
4 だまこもちを入れて、2〜3分後に長ネギを入れる。
5 セリは最後にくぐらせる程度にし、じゅんさいをたっぷりいれて出来上がり。

残り汁にはお好みでうどんや冷やご飯をどうぞ!
 

 

▲ページトップへ